本文へ移動

保険給付について

保険給付について

主な給付内容について
 クリックして詳細をご覧ください。
 

上手な受診のしかた

国保はみんなで保険料を出し合っている制度ですから医療費が増えるにつれて運営も苦しくなり、みなさんの負担も重くなってしまいます。必要な人が安心して医療が受けられるようにするとともに、保険料や窓口負担として皆様にご負担していただく医療費を有効に活用するために、医療機関・薬局を受診する際は、以下のことに留意してください。

このようなことに気をつけて

  • 手ぎわよく、要領よく症状を説明しましょう
  • 救急医療機関は緊急性の高い患者さんを受け入れるためのものです。緊急時以外は夜間・休日・時間外の受診や往診は控えましょう
  • 夜間・休日に小さなお子様の急な病気で心配なときは、小児救急電話相談(#8000)を利用しましょう。症状に応じたアドバイスが受けられます
  • かかりつけの家庭医をもちましょう。気になることがあるときはまずは家庭医に相談を
  • 病院めぐりや理由もなく同じ病気で同時に2人も3人ものお医者さんにかかるのはやめましょう。検査や薬の重複で体にも悪影響が心配され医療費もかさみます
  • うるさく注文をつけたり、むやみに薬などを欲しがるのはやめましょう
  • お医者さんを信頼しましょう
  • 自分勝手は判断での治療はやめましょう
  • 薬が余っているときは、医師や薬剤師に相談しましょう。薬のもらいすぎに注意しましょう
  • 薬は飲み合わせによっては副作用が生じることがあります。お薬手帳を活用し、既に処方されている薬を医師や薬剤師に伝えましょう
  • ジェネリック医薬品(後発医薬品)は、新薬(先発医薬品)と同等の効能効果があり、費用が新薬(先発医薬品)よりも安くすみます
  • 保険証は必ず持参しましょう。忘れると自費診療となることがあります

ジェネリック医薬品(後発医薬品)で上手な受診を

医療機関で医師から処方される薬には、新薬(先発医薬品)とジェネリック医薬品(後発医薬品)の2種類があります。このジェネリック医薬品(後発医薬品)は、組合員や組合員の家族の方の医療費(薬剤費)の負担を軽減し、家計にやさしい薬です。
新薬(先発医薬品)と違う点低価格で医療機関で処方されます!
ジェネリック医薬品は、新薬(先発医薬品)の特許が切れた後に発売され、開発費が少なくてすむ分、低価格で処方できます。みなさんの医療費負担を軽くするだけではなく、組合の医療費節減にも大きな期待ができる薬です。
新薬(先発医薬品)と同じ点同じ成分、同じ効き目で安心です!
ジェネリック医薬品は、新薬(先発医薬品)と同じく厳しい基準や規制を守って製造されています。
新薬(先発医薬品)は特許期間中に、多くの患者さんに処方されているため、効き目や安全性が確認されています。
ジェネリック医薬品はこうした長く処方されている成分を使用しているので安心できる薬です。
症状や治療方針により、医師の判断でジェネリック医薬品へ変更できない場合があります。
かかりつけの医師・薬剤師さんにご相談ください。

ジェネリック医薬品お願いカードを利用しよう

医療機関窓口で診察券と一緒に、あるいは保険薬局でこのカードをご提示ください。
*平成24年度健康管理教本 P19を切り取ってご利用いただくか、組合にお問い合わせください。
注意
■すべての薬にジェネリック医薬品があるとは限りません。
■調剤薬局にジェネリック医薬品の在庫がない場合は、薬の用意に時間がかかるときもあります。
建設連合国民健康保険組合
加入申込書(資料)について
請求フォームはこちら
建設連合・大分建設組合

●大分事務所

〒870-0916
大分県大分市高松東3丁目1番16号
TEL.097-556-6243
FAX.097-551-1742
業務時間9:00~17:30
【土日祝日休業】

●別府事務所

〒874-0943
大分県別府市楠町7番29号
(協栄コート2階)
TEL.0977-25-1834
FAX.0977-25-1854
業務時間9:00~17:30
【土日祝日休業】

0
3
4
7
1
9
TOPへ戻る